トップへ » はじめての方へ » 「噛める」「合う」入れ歯

「噛める」「合う」入れ歯

「噛める」「合う」入れ歯

当院では「噛める」「合う」入れ歯を作るために、入れ歯治療・入れ歯製作の流れの中で、2回の型取り(印象)を行います。特に2回目の印象では、筋形成のテクニックを重視。入れ歯が入る範囲をしっかり把握するために、口を動かしたりしながら、筋形成をしっかりと取るように心がけています。

総義歯の場合は、義歯が外れないように、犬歯を含め左右前後にきれいに動くように調整します。また入れ歯は、天然歯とはそもそもの作りが違うことも考慮に入れ、噛み合わせの高さもきっちりと取っています。噛む位置や噛み合わせなどを重視した、ずれない入れ歯をお作りいたします。

詳しくはこちら「入れ歯」


トップへ » はじめての方へ » 「噛める」「合う」入れ歯



TOP