トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療)

自然な歯を大切に残す治療~MI治療

一般歯科

当院では、MI治療という考え方のもと「可能な限り自然な歯を残す治療」に取り組んでいます。MI治療の「MI」は、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション、またはミニマム・インターベンション:最小限の侵襲)の略で「極力歯を削らず、今ある歯をできる限り残す」という意味です。

通常の歯科治療では、むし歯周囲の健康な部分まで広めに削ったり、患部が神経に近い場合には、むし歯治療と同時に神経を取ったりすることがあります。これは、治療した歯が再びむし歯になったり、痛みが起きたり、詰め物が外れたりするといったトラブルを避けるために行うものです。

しかし、歯は一度削られると二度と再生しません。また、神経を取った歯は、健康な歯に比べて歯質が弱くなります。だからこそ、MIによって再生できないう蝕部分だけを慎重に削って歯の負担を減らしたり、神経を取らずに治療して歯の寿命を延ばす、といったことが大切なのです。

天然歯にこだわる理由

一般歯科入れ歯などの人工歯でも、食べ物を噛み砕くことはできます。しかし「噛むことによって伝わる刺激」や「刺激の伝わり方」というのは、神経につながっている天然歯と、そうでない人工歯とでは大きく異なります。その例のひとつは「しっかり噛めることは脳の活成化につながり、痴呆を防止する」といったことでしょう。

最も優れた人工歯といえるインプラントでも、神経とはつながっていないので、そういう観点では、天然歯と比べるとやはり劣ってしまいます。どんなに優れた人工歯でも、全体の噛み合わせや感覚で補うことは不可能であり、形態的にも生理的にも「生まれ持った歯」が最適なのです。

また、削って詰め物をした場合、その際(きわ)から新たなむし歯が発生しやすくなるというデメリットもあります。しかし、状況や長期的な観点からすると、削ったり抜いたりしたほうが良いケースもありますので、削ることのリスクと残すことのリスク、どちらのほうがより重いかを見極めて対処しています。

歯を抜くという選択肢は最終決断

一般歯科削る量を最小限に抑えるのと同様、抜歯に関しても、可能な限り「温存できる方法」を優先しています。ただし、抜歯が必須となるケースもありますので、抜歯は「最終の選択肢」としてお考えください。

抜歯が必要な場合には、温存できない理由(骨が吸収されてしまう。何年も放っておくと歯槽膿漏になり、周りの歯を駄目にしてしまう可能性が高くなるといったこと)をきちんとご説明し、患者様同意の上で抜歯を行います。また、抜歯後の治療方法(インプラントや入れ歯)のご説明もします。

状態によっては、抜いた方が噛みやすくなるケースもありますので、歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットをきちんとお伝えいたします。もちろん、大切な歯を可能な限り残すための努力は怠りませんので、治療についてのご要望をご相談の上で、納得できるまでご検討ください。

むし歯の進行状態と具体的な治療方法
一般歯科●Co(シーオー:初期う触)
歯が溶け始めてむし歯が始まっていますが、まだ穴があいたり黒くなったりしていない段階なので、フッ素入りの歯磨き剤でしっかり歯みがきすれば再石灰化させることが可能です。

一般歯科●C1(エナメル質う触)
むし歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態ですが、象牙質までは達していないので痛みはありません。治療は、むし歯の部分を必要最小限削って、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

一般歯科●C2(象牙質う触)
エナメル質の下の象牙質までむし歯に侵され始めている状態です。冷たいものや甘いものがしみることがあり、触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。むし歯の範囲が小さければC1同様の治療で済みますが、むし歯が歯の深部にまで広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをしてから製作した詰め物を装着します。

一般歯科●C3(神経まで達したう触)
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、さらに進行して神経が壊死してしまうと、細菌が根の周囲で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

C3レベルにまで悪化しているケースでは、根管治療が必要となります。麻酔をして、根管治療によって壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

一般歯科●C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。

可能な限り神経を残すために

一般歯科むし歯が大きくなって痛みが出てきてしまうと、神経を抜く必要性が高まりますが、しみる程度であれば、神経を抜かずに済む可能性も十分にあります。
(※痛みを伴う歯髄炎を起こしている場合には「神経を抜く=抜髄」が必要です)

むし歯が神経の近くまで及んでいたり、むし歯の治療中に歯髄が露出(露髄)したりしても、歯髄の状態が良ければ、むし歯を削った部分に薬を詰め、外部からの刺激を遮断して歯髄を保護します。その治療を覆髄(ふくずい)といい、間接覆髄法と直接覆髄法に分けられます。

間接覆髄法(かんせつふくずいほう)
う窩(むし歯の穴)が深く、むし歯治療が髄角や歯髄腔に近い部分まで及んだ場合、歯髄に加わる刺激を遮断して 歯髄の炎症を鎮めたり二次象牙質の形成を促すことを目的として覆髄をします。これを間接覆髄法(かんせつふくずいほう)と言います。

直接覆髄法(ちょくせつふくずいほう)
露髄してしまった歯に対して行う覆髄処置です。むし歯に感染した象牙質除去後の窩洞で偶発的に露髄(歯髄が外部に露出)したものに対して、露髄が小さく、かつ細菌感染がないものに、歯髄保護とデンティン・ブリッジ形成(象牙質の再生)誘導を目的として行います。

●直接覆髄の適応
・偶発露髄(歯を削っている最中に起こった露髄)
・細菌感染が起こっていないもの
・露髄面の直径が2mm以下のもの

痛みや不快感を緩和する工夫をしています

一般歯科お子様に限らず、痛いから歯医者は苦手という方も少なくないでしょう。痛みは、恐怖心を生むだけでなく、精神的・身体的なストレスとなりますので、当院では、さまざまな方法で痛みの軽減を心がけています。

麻酔注射には「痛くない打ち方」があります。まず、麻酔の針が太いと痛みが強くなるため、極細の注射針を選択しています。さらには、麻酔薬が冷たいと注入したときに違和感が大きく、神経を刺激することで痛みにつながってしまうため、器具や麻酔薬を暖めておくことにも留意します。

また、歯肉の硬いところは痛みを感じやすいので、やわらかいところから徐々に麻酔を打つことや、一定の圧力でゆっくり時間をかけて麻酔を注入していくといったテクニックのほか、患者様とたくさんお話をしてリラックスしていただくといった精神的なケアなどにも留意しています。

表面麻酔
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで当院では、麻酔の痛みや不快感を軽減するため、針による麻酔注入の前に、表面麻酔を使用しています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法のこと。麻酔の塗り薬(ジェル)を歯ぐきの表面に塗布することで痛みを感じにくくなり、麻酔の注射針を指すときの「チクッ」とした痛みさえも抑えるようにしています。また、お子様にはガム状の表面麻酔を使用することもあります。

不快感の緩和のために

一般歯科痛みだけでなく、歯を削るときの「キーン」というタービンの音が苦手な方もいらっしゃると思います。そういう方にはイヤホンで音楽を聴いていただき、タービンの音が聞こえないようにすることも可能ですので、遠慮なくご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療)



TOP