トップへ » 診療科目と料金 » 審美治療

健康重視の審美歯科

審美治療

審美歯科治療は、単に「見た目の美しさを整える」「白い歯を入れる」ということだけでなく「診療・治療の延長上に審美・美容がある」という理念に基づき、当院では、患者様の肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的としています。

本当の審美は奥歯から始まります
歯の見た目の美しさと言うと、目立つのは前歯を中心とした前方ですが、前歯をきれいに整えるには、実は「奥歯がしっかり整っていること」が大切です。奥歯が低くなると、前歯の噛み合わせが深くなり過ぎてしまいますが、奥歯がしっかりしていると、前歯が上に上がり、位置が正常となります。

また、奥歯が内側に入りすぎると、顎関節症の原因となってしまうため、歯軸がしっかり噛み合うためにも、土台となる奥歯を整えることが重要です。そういったことから、前歯を治療するときでも、実は奥歯にも注意が必要であり、そのような機能面という土台が整っていてこその審美なのです。

修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

審美治療歯が欠けたり抜けたりしたときにそのままにしておくと、噛み合わせのズレなどによって、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。歯根が残っている場合はインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、残っていない場合はブリッジや部分入れ歯などが一般的な治療方法です。

修復部分が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は「インレー」を、患部が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は「クラウン」という被せ物をします。

また、被せ物によって歯全体の形を変えることも可能なので、クラウンは歯並びの矯正をしたいときに用いられることもあります。

患者様の希望や機能性を重視して素材を提案

審美治療修復の素材には何種類かあり、目的に応じて選択します。従来は「メタルセラミック」という素材が中心でした。これは、セラミックの強度を補うために、フレームに金属を使用している素材です。そして、今一番人気のある審美メニューは、メタルセラミック以上に美しさを向上させた「オールセラミック(メタルフリー)」です。

これは、表面材だけでなくフレームにもセラミックを使用していることから、従来の歯科用合金に起因する金属アレルギーのリスクが少ないことも特徴です。さらに、光が金属によって遮られないので、より自然な美しい人工歯が可能なので、特に女性の前歯の治療に多く用いられます。

また、奥歯の治療など、強度(硬さ)が必要となるケースでは、オールジルコニアが人気です。目立たない部位の治療には金や白金をお勧めすることもありますが、いずれにしても、最終的な決定権は患者様にありますので、ゆっくりとお考えいただいています。

審美歯科メニュー

審美治療ジルコニアフレーム
白く透明感のあるセラミック(陶磁器)を使用した人工歯。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<ジルコニアフレームのメリット>
●短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
●歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
●金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<ジルコニアフレームのデメリット>
●割れやすい
●歯を削る量が比較的多い
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

審美治療オールジルコニア
オールジルコニア素材を、コンピューター(CAD/CAM)で読み込み、削り出しをして、しっかり焼き付けた人工歯。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<オールジルコニアのメリット>
●色が自然歯に似ているので審美性に優れている
●割れにくいので、奥歯も含めてほとんどの部位に使用できる
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<オールジルコニアのデメリット>
●オールセラミックに比べると色調がやや劣る
●歯を削る量が比較的多い
●天然の歯より硬いため、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがある
●保険適応外なので比較的高価になる

審美治療メタルボンド
金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現できることから、多くの患者様がよく選択されます。土台に使用した金属が、より強度を高めています。

<メタルボンドのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

審美治療ハイブリッドセラミック
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた人工歯。オールセラミックよりもやわらかく、ほかの歯にダメージを与えにくいというメリットがある反面、年数の経過によって変色しやすいというデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミックのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<ハイブリッドセラミックのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

審美治療コンポジットレジン
コンポジットレジンは保険適応の歯科用プラスチックで、歯科治療で最も頻繁に使用されている材料。歯科医の間では、レジンを詰めることを「レジン充填」と呼んでいます。

レジンは、むし歯を削った部分に詰めて使用されることが多い素材ですが、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善をしたりなど、さまざまな用途で使用されています。

<コンポジットレジンのメリット>
●色が歯に似ているので見た目が良い
●治療期間が短い
●金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない
●修理(リペア)が比較的簡単
●保険適用なので安価

<コンポジットレジンのデメリット>
●時間が経つと変色し、見た目が悪くなってくることがある(リペアは可能)
●強度が強くないので、噛み合わせが強い場合などでは欠けたり割れたりすることがある

審美治療金合金
歯科治療で使われる材料で最もポピュラーなのが金属材料です。むし歯の除去後に歯に被せたり、詰め物をしたりするのに幅広く使われます。その中でも、主に保険外の場合に使用されるのが、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)です。

これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的なむし歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーといった点には優位性があります。また、使用する金属の種類によっては、硬すぎず、適合も良いというメリットがあります。

<金合金のメリット>
●金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
●最も適合が良く、二次的なむし歯になりにくい
●金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

<金合金のデメリット>
●金属なので見た目が良くない
●保険外治療となるので値段が高い

審美治療ラミネートベニア
歯の色を美しく見せるため、歯の表面を薄く削って白いセラミックを貼り付ける治療方法。ホワイトニングよりも手軽な歯のメイクアップ法で、例えるなら爪にネイルチップ(付け爪)を貼るような感覚です。また、このチップで歯の隙間を隠すことにより、すきっ歯の治療にも有効です。

<ラミネートベニアのメリット>
●歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
●ホワイトニングに比べて後戻りがない
●すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

<ラミネートベニアのデメリット>
●多少、健康な歯の表面を削ることになる

院長と技工士の技術力で美しく

審美治療当院には院内技工室があり、保険適応の人工歯は院内で院長が加工しています。また、メタルボンドの焼付け、オールセラミックやオールジルコニアなどは、信頼できる技工士にお願いしています。

当院がお願いしている技工士は、形や風合いの加工に優れた腕を持ち、患者様の性別や年齢を伝えると、それらも加味した自然な義歯に作り分けてくれます。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美治療



TOP