トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科

無理な治療は行わないことが基本です

小児歯科

ほとんどのお子様は、少なからず歯科医院を「怖い」と感じています。私たちは、そんなお子様たちにもできるだけリラックスして治療を受けてもらえるように心がけ、歯科治療に対する苦手意識を植え付けないように細心の注意を払っています。

当院では基本的に、泣いているお子様を無理やり治療するということはありません。押さえつけたり拘束したりした状態での治療は危険を伴いますし、お子様を「歯医者嫌い」にしてしまう要因になり兼ねないからです。

必要な応急処置は行います
無理に治療を行わないことを基本としていますが、患部の進行度合いによって、痛くて眠れなかったり食事が摂れなかったりすると、お子様自身が辛い上に、保護者の方もお困りでしょう。そういった場合には、保護者の方にご相談とご説明をし、同意をいただいてから必要最小限の応急処置をしますので、安心してお子様をお連れください。

保護者の方が一緒に診察室に入ることもできますので、お子様の手を握ってもらったり、幼児の場合にはだっこしてもらったりするなど、保護者の方にご協力いただきながら、必要な治療を素早く安全に行うように努めています。

歯医者さんに慣れてもらうところからスタートします

小児歯科始めのうちは歯医者に恐怖心を持ち、泣いて治療ができない子も、慌てずゆっくり歯科医院に慣れていけば、だんだんと上手に治療を受けてくれるようになります。最初の日は「お話しするだけ」、次の来院時には「治療用の椅子に座ってみるだけ」といったペースで大丈夫です。

お子様にもわかりやすいように治療器具の説明をしながら、器具自体に慣れてもらったり、むし歯の治療を「バイ菌をやっつけようか」と話すなど、だんだんと慣れてもらえるように対応します。練習だけで終わる日があっても「また来てね」「次は頑張ろうね」と声をかけ、信頼してもらうことが大切だと考えます。

また、上手に治療が受けられたときには、ご褒美のおもちゃをお渡ししています。「歯医者が楽しい」「歯医者が大好き!」とまではならなくても、お子様が持つ歯医者に対するイメージを少しでも良くして、少なくともマイナスではない場所であってほしいと思っています。

保育士免許を持つスタッフが対応します
当院には、保育士免許を持っているスタッフが在籍。お子様の扱いに慣れていますので、安心して連れて来てください。また、保護者の方が治療を受けられるときにはスタッフがお子様に目を配りますので、お子様連れでも安心して治療を受けていただけます。

歯医者に慣れることができないときは、ほかの方法も考えます

小児歯科多くのお子様が、2~3回の通院で比較的上手に治療を受けられるようになりますが、中にはなかなか慣れることができないお子様もいます。そういった場合には、保護者の方と十分に相談して、ほかの方法を考えます。

どうしても治療ができない場合には、小児専門医へのご紹介もしています。また、お子様の個性に合った方法や、以前にほかの歯科医院でトラウマになっていることがないかなどを考慮し、時間をかけて対応していきますので、諦めずにご相談ください。

小児歯科のむし歯予防メニュー

小児歯科シーラント
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているために歯ブラシの毛先が入らず、磨き残しが蓄積しやすいのですが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

シーラントは特に生えたての奥歯のむし歯予防に有効な治療法なので、6~7歳頃や11~13歳頃に行うのが適しています。一人ひとりの治療時期や治療の有効性は、カリエスリスク検査や歯周病リスク検査の結果と歯の成長段階を考慮してご提案させていただきます。

小児歯科フッ素塗布
フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させるといった効果があるので、定期的にフッ素を塗布することによって、むし歯や歯周病を予防することができます。フッ素を塗布したからといって、むし歯にならないというわけではありません。フッ素塗布後もしっかりと歯磨きをすることを心がけましょう。

小児歯科ブラッシング指導
むし歯や歯周病の原因のほとんどはブラッシング不足です。「磨いている」と「磨けている」ことには大きな差があり、毎日しっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見られます。

そこで当院では、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。また、保護者の方に行っていただく「仕上げ磨き」の指導もしています。

小児歯科食育指導
甘い物がむし歯を誘発することが周知の事実であるように、むし歯予防と「食」とは切り離せない関係にあります。そこで当院では、適切な食事内容やおやつの取り方、母乳やミルクを与えるタイミングなどの食育指導も行っています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科



TOP