トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科

歯列矯正は、一般的に出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口といった噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療することです。歯並びが悪いと、汚れが溜まりやすく落としにくいため、むし歯や歯周病になる可能性が高くなり、高じると、加齢と共に歯を失う可能性も大きくなります。

つまり歯並びの改善は、お口の中の環境のみならず、生活習慣や体内環境までをも改善し、健康の維持・増進を目指すことにつながります。治療方法としては、お口の中に装置を入れて歯に一定の力をかけ、人工的に歯を動かして悪い歯並びや噛み合わせを整えていきます。

当院には、矯正の専門医が在籍しています。また、月に1回、土曜日に矯正に関する相談も行っていますので、歯並びをきれいにしたいとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

目立たない矯正装置をご用意しています

矯正歯科歯列が気になっていても「矯正のギラギラした装置はちょっと...」と敬遠する方も多いのではないでしょうか?そして、そういったことが気になるのは、お子様も同様だと思います。当院では、セラミックやプラスチックのブラケットを用いることで、目立たないワイヤー矯正を行っています。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正とは、歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーをとおして少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。ブラケットやワイヤーが金属性の場合、ギラギラとした銀色が目立つ状態となりますが、当院では、目立ちにくい素材の採用でデメリットを解消しています。

また、ワイヤー矯正の場合は、重度の重なりがあるケースなど、抜歯を伴う矯正にも対応。さらに当院では、ワイヤーを丸めたり、必要以上の力をかけたりしないなど、矯正による痛みの緩和にも取り組んでいます。少しずつ無理のない力を加えていきますので、痛みや違和感がほとんど生じません。

痛みが少ないので、患者様は無理なく矯正を続けていけますし、お子様の治療もスムーズに進めることができています。痛みや違和感があることに不安をお持ちの方は、ぜひ当院までご相談ください。

<ワイヤー矯正のメリット>
・最も多く行われている矯正法なので十分な実績がある
・治療期間が比較的短くて済む

<ワイヤー矯正のデメリット>
・ブラケットやワイヤーが目立つ
・ブラケットやワイヤーの周囲に磨き残しが溜まりやすく、むし歯になりやすい

小児矯正

矯正歯科当院で行う小児治療のメインは床矯正ですが、ご希望や状況に合わせて、そのほかのさまざまな方法を選んでいただくことも可能です。

床矯正
床矯正とは、床装置という入れ歯のようなものを固定源にして歯を動かしたり、あごを拡大して歯並びをきれいにしたり、噛み合わせを整えていく矯正治療です。

装置の本体は、入れ歯と同じプラスチックのプレートで成り立ち、その内部にスクリューやスプリングがついた構造となっています。このスクリューを回すことでプレートが変化し、その負荷がゆっくりとあごを広げ、歯を動かし、歯並びをきれいにしていくのです。

●子どもの頃に受けることをお勧めします
大人になってからの床矯正治療も可能ですが、床矯正はあごが成長途中であるお子様のほうが、肉体的な負担が少なくて済みます。個人差もありますが、あごを広げるには6歳ぐらいから治療をはじめて思春期までに一旦終え、その後はワイヤー矯正に移行していくのが望ましいでしょう。

<床矯正のメリット>
・歯を抜かずに矯正できる
・取り外しが可能なため、食事や歯みがきなど、必要なときに外しておくことができる
・取り外せるので掃除がしやすく、むし歯のリスクが減らせる
・広げたときの圧迫感はあるが、広げるペースを調整することで痛みなどにも対応できる

<床矯正のデメリット>
・慣れるまでは違和感が大きい
・装着時間や拡大のペースを守らないと効果が出にくい
・歯の向きや位置もある程度は揃えられるが、ほかの装置が必要となる場合もある

ヘッドギア
お子様の不正咬合の中でも、上あごの骨が大きく成長し過ぎたために上顎前突(出っ歯)となっているケースが多く見受けられます。このようなケースでは、ヘッドギア(加強固定装置)で上あごの骨を後方に引っ張ることで成長を抑制し、上下のあごのバランスをコントロールして治療します。

主に骨格的な上顎前突(出っ歯)の矯正に適応されますが、歯そのものが突出しているようなケースでもヘッドギアを使用することがあります。ヘッドギアを使用することにより、上あごの奥歯を後退させ、歯並び全体を後ろに動かすことができます。

フェイシャルマスク
下あごが上あごよりも前方に突出している状態を受け口(下顎前突)と言いますが、上あごの成長が悪くて受け口になっているようなケースでは、フェイシャルマスクを使用して矯正治療を行います。主に、上あごが成長する時期(7~13歳頃)の反対咬合の治療に用いられます。

矯正治療中のむし歯予防

矯正歯科矯正治療中にむし歯ができると、その治療のために矯正治療を中断しなくてはならなくなります。そうなると、せっかく動いた歯が元に戻ってしまい、それまでの治療が無駄になりかねません。矯正治療中のむし歯予防は、限られた時間の中で確実な矯正を行うために、とても重要な注意点です。

矯正装置があることで歯の磨き方が不十分になると、むし歯のリスクが高まります。そこで当院では、衛生士主導で効果的なブラッシング方法のアドバイスを行うほか、矯正装置の調整時以外にも、むし歯診断のために定期的にご来院いただいています。


トップへ » 診療科目と料金 » 矯正歯科



TOP