トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 痛みや不快感を緩和する工夫をしています

痛みや不快感を緩和する工夫をしています

一般歯科お子様に限らず、痛いから歯医者は苦手という方も少なくないでしょう。痛みは、恐怖心を生むだけでなく、精神的・身体的なストレスとなりますので、当院では、さまざまな方法で痛みの軽減を心がけています。

麻酔注射には「痛くない打ち方」があります。まず、麻酔の針が太いと痛みが強くなるため、極細の注射針を選択しています。さらには、麻酔薬が冷たいと注入したときに違和感が大きく、神経を刺激することで痛みにつながってしまうため、器具や麻酔薬を暖めておくことにも留意します。

また、歯肉の硬いところは痛みを感じやすいので、やわらかいところから徐々に麻酔を打つことや、一定の圧力でゆっくり時間をかけて麻酔を注入していくといったテクニックのほか、患者様とたくさんお話をしてリラックスしていただくといった精神的なケアなどにも留意しています。

表面麻酔
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで当院では、麻酔の痛みや不快感を軽減するため、針による麻酔注入の前に、表面麻酔を使用しています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法のこと。麻酔の塗り薬(ジェル)を歯ぐきの表面に塗布することで痛みを感じにくくなり、麻酔の注射針を指すときの「チクッ」とした痛みさえも抑えるようにしています。また、お子様にはガム状の表面麻酔を使用することもあります。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 痛みや不快感を緩和する工夫をしています



TOP