トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 歯を抜くという選択肢は最終決断

歯を抜くという選択肢は最終決断

一般歯科削る量を最小限に抑えるのと同様、抜歯に関しても、可能な限り「温存できる方法」を優先しています。ただし、抜歯が必須となるケースもありますので、抜歯は「最終の選択肢」としてお考えください。

抜歯が必要な場合には、温存できない理由(骨が吸収されてしまう。何年も放っておくと歯槽膿漏になり、周りの歯を駄目にしてしまう可能性が高くなるといったこと)をきちんとご説明し、患者様同意の上で抜歯を行います。また、抜歯後の治療方法(インプラントや入れ歯)のご説明もします。

状態によっては、抜いた方が噛みやすくなるケースもありますので、歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットをきちんとお伝えいたします。もちろん、大切な歯を可能な限り残すための努力は怠りませんので、治療についてのご要望をご相談の上で、納得できるまでご検討ください。

むし歯の進行状態と具体的な治療方法
一般歯科●Co(シーオー:初期う触)
歯が溶け始めてむし歯が始まっていますが、まだ穴があいたり黒くなったりしていない段階なので、フッ素入りの歯磨き剤でしっかり歯みがきすれば再石灰化させることが可能です。

一般歯科●C1(エナメル質う触)
むし歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態ですが、象牙質までは達していないので痛みはありません。治療は、むし歯の部分を必要最小限削って、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

一般歯科●C2(象牙質う触)
エナメル質の下の象牙質までむし歯に侵され始めている状態です。冷たいものや甘いものがしみることがあり、触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。むし歯の範囲が小さければC1同様の治療で済みますが、むし歯が歯の深部にまで広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをしてから製作した詰め物を装着します。

一般歯科●C3(神経まで達したう触)
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、さらに進行して神経が壊死してしまうと、細菌が根の周囲で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

C3レベルにまで悪化しているケースでは、根管治療が必要となります。麻酔をして、根管治療によって壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

一般歯科●C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(むし歯治療) » 歯を抜くという選択肢は最終決断



TOP