トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » あごの骨が足りない場合もインプラントを可能にする【増骨手術】

あごの骨が足りない場合もインプラントを可能にする【増骨手術】

インプラント歯周病やむし歯の悪化により、一度歯を抜いてしまうと、あごの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫により、あごの骨が薄くなってしまう傾向があります。そういうケースでは、増骨手術を行うことによってインプラント可能な状態を作ります。

増骨手術が必要な場合、残念ながら抜歯即時埋入は不可能で、増骨手術による骨の再生を待ってからインプラントを行います。そういった流れから、抜歯即時埋入に対して「抜歯待時埋入」とも言います。

骨を増やす手術の種類
●サイナスリフト
上あごの骨が少ない場合に行う手術です。上あごの奥歯の上方には「上顎洞」(サイナス)という空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくもの)を填入することで、骨を作っていきます。

●ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合に行う手術です。ソケットリフトは、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みがそれ以下の場合は、サイナスリフトを行うケースが多くなります。

●GBR
骨が不足している箇所を特殊な膜で覆い、骨を作るスペースを確保します。その中に、骨のもとになる素材を詰めていき、骨の再生を促します。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » あごの骨が足りない場合もインプラントを可能にする【増骨手術】



TOP