トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

歯周病治療糖尿病との関係
歯周病菌によって発生する毒素がインスリンの働きを阻害して、糖尿病を悪化させると言われています。また、糖尿病の人は免疫力の低下によって歯周病になりやすく、症状が進行しやすいなど、悪影響を与え合うことが指摘されています。

呼吸器疾患の危険性
嚥下障害(物を飲み込むときの障害)があると、お口の中の細菌が誤って気管に入り、肺炎を引き起こすことがあります。これを誤嚥性肺炎といい、高齢者の方は特に注意が必要です。そして歯周病菌も、その原因のひとつに挙げられています。

妊娠への影響
妊娠期は食事が不規則になり、十分な口腔ケアが難しくなるなど、歯周病菌が増殖しやすい環境です。また、歯周病にかかっている人は「早産」や「低体重児出産」の危険性が高いこともわかってきています。

心臓への影響
歯周病が悪化すると、歯周病菌が全身の血液の中をめぐり、様々な全身疾患を招いてしまいます。心臓に関する疾患である心弁膜症を引き起こすこともあります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患との関係



TOP