トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病治療まず始めに、補綴物(詰め物、被せ物やブリッジ)や噛み合わせの状態を診査します。その理由は、歯周病治療が必要な歯に冠(被せ物)やブリッジなどの製作が必要な場合や、不良な冠(被せ物)やブリッジなどが歯周病の二次的な原因になっているケースがあるからです。

その場合には、歯周病治療が終了するまでは仮歯を作っておき、噛み合わせの改善や審美・機能面での改善を行います。そして、歯周病治療が終了したあとで、最終的な被せ物やブリッジなどの製作に入ります。

軽度の歯周病の場合の治療の流れ:<治療期間約1か月程度>
初診時に、下記のような歯周病の診査と診断を行います。

●レントゲン撮影による歯槽骨の検査
●歯周組織検査(歯周ポケット測定、プラークの付着、歯の動揺、歯肉の炎症、噛み合わせなど)
●ブラッシング指導(歯ブラシ、フロス、糸ようじ、うがい薬などの使い方をご説明)

検査等の結果、現在の歯周病の進行状況と今後の治療方針・方法などについてご説明します。歯石の付着状況にもよりますが、2回ぐらいに分けて口腔内全体の歯石を取り除き、歯の表面を磨くことでプラークや歯石をつきにくくします。そして、再来院時に改善度合いを診査します。

ここで問題がなければ、3~6か月おきの定期検診やスケーリング、PMTCなどの治療(メインテナンス)へと移っていきます。歯周病は再発の可能性があるため、再発防止のためには定期的なメインテナンスが非常に重要です。

中~重度歯周病の場合の治療の流れ:<治療期間約2~6か月>
初診時は、軽度の歯周病の場合と同様の診査と診断を行います。ただし、急性症状で来院された場合には、必要に応じて応急処置(歯肉が腫れている場合の排膿、噛み合わせの調整、投薬など)を行います。

その後、ある程度炎症が治まったら、2~3回ぐらいに分けて口腔内全体の歯石を取り除いていきます。歯石除去に必要な回数は、歯石の付着状況によって増減します。

●2回目の歯周組織検査
歯石の除去が完了したら、2回目の歯周組織検査(歯周ポケット測定、プラークの付着、歯の動揺、歯肉の炎症、噛み合わせなど)を行います。治療開始前の検査結果と比較することで、治療や患者様ご自身でのプラークコントロールの効果がどの程度現れているかを調べます。

そして、2回目の歯周組織検査の結果から、十分な治療効果が得られていないと思われる箇所を、何回かにわたって徹底的にクリーニングしていきます。プラークや歯石によって汚染された病的なセメント質の除去には局所麻酔を行い、歯根面を滑沢に磨きます。

●3回目の歯周組織検査
徹底したクリーニングが終了したら、3回目の歯周組織検査(歯周ポケット測定、プラークの付着、歯の動揺、歯肉の炎症、噛み合わせなど)を行います。今までの検査結果との比較を行い、治療の効果や患者様ご自身によるプラークコントロールの効果を調べます。

ここで問題が解決されていれば、3~6か月おきの定期検診やスケーリング、PMTCなどの治療(メインテナンス)へと移ります。また、必要な場合には歯周外科手術を行うケースもあります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病の治療



TOP