トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング » ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニング

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を用いて歯を白くする治療法で、大きく分けると、医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。歯を削ることなく、歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみを解消し、美しく自然な色に仕上げます。

また、人工歯を入れる場合などには、新しく入れる歯の歯列全体の色のトーンを合わせるためにホワイトニングを利用することもできます。ただし、白くなる度合いには個人差があり、白ければ白いほど良いというわけでもありません。「自然な白さ」「患者様に合った色合い」を大切にしています。

まれに、薬剤がしみるケースもあります。知覚過敏の方は注意が必要ですので、ご希望の方はまずご相談ください。

ホワイトニングオフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは、医院で歯面清掃をしてからホワイトニング剤を塗布し、光を照射して歯を白くします。通常2回の通院が必要で、1時間程度の時間を要し、2~3回行います。(※個人差あり)

当院でホワイトニングに使用しているのは、アルゴンレーザーいうタイプのレーザーです。波長488nmの青色光と514nmの緑色光から成り立っているアルゴンレーザーは、熱の少なさとは逆にエネルギー量が多いので、安全に留意しながら薬剤の活性化を促すことができ、効果を早めることが可能です。

歯への照射時間は30秒程度と短いため、患者様への負担も少なく済ませることができます。また、熱が少ないことで痛みが少ないというメリットもあります。

ホワイトニングホームホワイトニング
ホームホワイトニングは、患者様が自宅で行う比較的簡単なホワイトニングです。都合のいい時間に行うことができますが、ホワイトニング剤の濃度を低くしてあるため、結果が出るまでには2週間程度の期間が必要です。


トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング » ホワイトニングとは



TOP