トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 小児歯科のむし歯予防メニュー

小児歯科のむし歯予防メニュー

小児歯科シーラント
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているために歯ブラシの毛先が入らず、磨き残しが蓄積しやすいのですが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

シーラントは特に生えたての奥歯のむし歯予防に有効な治療法なので、6~7歳頃や11~13歳頃に行うのが適しています。一人ひとりの治療時期や治療の有効性は、カリエスリスク検査や歯周病リスク検査の結果と歯の成長段階を考慮してご提案させていただきます。

小児歯科フッ素塗布
フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させるといった効果があるので、定期的にフッ素を塗布することによって、むし歯や歯周病を予防することができます。フッ素を塗布したからといって、むし歯にならないというわけではありません。フッ素塗布後もしっかりと歯磨きをすることを心がけましょう。

小児歯科ブラッシング指導
むし歯や歯周病の原因のほとんどはブラッシング不足です。「磨いている」と「磨けている」ことには大きな差があり、毎日しっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見られます。

そこで当院では、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。また、保護者の方に行っていただく「仕上げ磨き」の指導もしています。

小児歯科食育指導
甘い物がむし歯を誘発することが周知の事実であるように、むし歯予防と「食」とは切り離せない関係にあります。そこで当院では、適切な食事内容やおやつの取り方、母乳やミルクを与えるタイミングなどの食育指導も行っています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 小児歯科のむし歯予防メニュー



TOP