トップへ » 医院について » 院長ごあいさつ » 歯への意識が薄い患者様の「将来」が心配です

歯への意識が薄い患者様の「将来」が心配です

院長あいさつ

ある日、若い患者様が「痛いところだけ治してください」と来院されたのですが、お口の中を見ると「これでは噛めないだろうな...」と思うほど歯がボロボロでした。そのため、口腔内全体の治療計画を提案したのですが断られてしまいました。ですが、しばらくすると「別のところが痛くなった」と来院されました。

残念ながら、このような患者様は少なくないので、その度に「若いのに将来どうするんだろう...」と心配になります。

また、残っている歯が少ないのに入れ歯も入れていない、残っている歯もすでにグラグラしているのに「抜いてもいいけど入れ歯は入れない」とおっしゃる方もいます。歯の治療が必要なのに歯医者に行かない方が、まだまだ大勢いらっしゃるんです。

美味しい物を美味しく食べられる幸せと健康のために
「口は健康の入り口」と言われるのは「しっかり嚙むことが脳を活性化させ、それが長生きにつながる」からこそであり、そこが私の考え方の基本となっています。「奥歯で嚙めて、前歯で噛みきれる」そういう単純なことができなければ、人間は基本的に健康にはなれないのだと思います。

歯が割れたり折れたりしても、直接的には命に関わらないかもしれませんが「食べること」は「生きること」に直結しています。だから歯の健康は大切なんだということに、少しでも早く気づいていただきたいと、心の底から切に願ってしまいます。

食事を美味しく食べられないと、気持ちが荒んでしまうのではないでしょうか。友人や家族と「美味しい物を食べに行こう」という話になり、一緒に行っても自分だけが食べられない...。将来、そういう寂しい思いをしなくて済むように、歯を失ってしまう前に、何とか早めにチェックしてほしいですね。


トップへ » 医院について » 院長ごあいさつ » 歯への意識が薄い患者様の「将来」が心配です



TOP